HOME > 看護部門のご案内 > 看護教育体制

診療のご案内

看護科

看護科教育体制

平成22年4月から新人看護職研修が努力義務となりました。当院でも理念に基づき、体制を整え全ての看護職員に研修を企画しています。

教育理念
病院・看護科の理念に基づき、倫理観が高く専門的知識・技術及び品行を習得し、 質の高い看護が提供できる看護師を育成する。
教育目標
  1. 確実な看護実践能力を発揮できる看護師を育成する。
  2. 対象を尊重し、最善を考えた倫理行動がとれる看護師を育成する。
  3. 自己のキャリアデザインを描くことができる看護師を育成する。
  4. 医療チームの一員として、良好な人間関係を築く事ができる看護師を育成する。
スプラウト戦略

「スプラウト」とは、植物の新芽のことです。 生まれたばかりの葉っぱや茎は、成長したものよりはるかに多くのビタミンやミネラルを含んでいます。 私たちは新人看護師を「スプラウト」ととらえ、エネルギーを秘めた「スプラウト」が大きく成長するよう見守り、大事に育てます。「スプラウト」は一年もすると、若葉へと成長します。その後は自らが太陽に向かって進み、水・栄養をもらい伸び続けます。更に成長を続け、立派な木となり、今度は新芽を育てていきます。 私たちは新人看護師だけでなく、スタッフ個々の成長に合わせたキャリアアップを支援します。

看護師キャリア開発イメージ図の画像
看護師キャリア開発イメージ図
看護師キャリア開発イメージ図の画像
新人看護職員支援体制 1

当院の新人教育は、新人一人ひとりを全ての看護師がサポートし育成することを目指し、 病棟・病棟以外の部署を問わず同一の体制で支えている。
 その組織体制は、教育担当副部長を研修責任者とし、教育担当主任、実地指導者、プリセプター、テクニカルナースで構成される。
 院内の現任教育の方向性は、看護部長を交えた教育プロジェクトチームが決定し、研修責任者とキャリア開発推進部がラダーの研修目標と主な内容を決定する。これを基に教育委員会が具体的な企画・運営をする。Off-JTに関する内容は、教育委員会を通じて各部署に伝達し実践していく。
 各部署においては、新人一人ひとりにプリセプターを配置し、約半年間、部署における新人看護職員の精神的サポートを担当する。実地指導者は新人が属するチームに1名配置し、教育担当主任とともに看護実践力向上のための支援を1年間に渡って行う。テクニカルナースは、教育担当主任・実地指導者の立てる教育計画に基づき、日常的な業務や看護技術の指導・助言をする。新人看護技術の自立の見極めは実地指導者または教育担当主任による確認の後となる。

新採用者教育の画像
新人看護職員支援体制 2
  1. プリセプターと実地指導者のW支援体制  

    新人看護師にはプリセプターナースはもちろん、更に実地指導者がサポートする体制を整えています。スタッフはテクニカルナースという役割を持ち、指導を行います。教育主任と看護科長、それに教育責任者は、全体をがっちりサポートします。 プリセプターナースだけでなく、みんなで新人看護師の成長をあたたかく見守る職場風土があります。

  2. 基礎教育と連動したチェックリストで「看護実践能力」を獲得!!  

    学生時代に習得した知識と技術をしっかり活用して「看護実践能力」が確実に身につく様に指導を行います。チェックリストは手順方式でなく、ポイント方式です。

  3. 「夜勤」は職場に慣れてから  

    入職してからしばらく職場に慣れるまでは、日勤のみとします。 夜勤は、7月ごろから先輩にレクチャーを受けながら、少しずつすすめます。8月頃から独り立ちします。

  4. キャラクターネームでよろしくね!  

    1年間はキャラクターネームで他職種や患者さんに新人を覚えてもらえます。初心者マークもついています。「わかばマークなのね。頑張って!」と声をかけてもらうことが多く、うれしい♪と好評です。

  5. 新人だけの交流会  

    同期はなんでも言い合える大切な仲間。新人看護師だけで食事をしながら語り合える交流会を、年3階開催します。

看護師キャリア開発イメージ図の画像
看護科現任教育

毛利元就が築いた郡山城のある安芸高田市吉田町には古くから「三子教訓状」という書状に元就の言い伝えがある。一本の矢は折れやすいが、三本揃えば強靭で決して折れることのない矢となる、いわゆる三矢の訓えである。
 この言い伝えを教育に置き換え、1.専門的知識 2.専門技術 3.品行。 この3つをバランスよく身につけることで、①確実な看護実践能力を発揮できる看護師 ②対象を尊重し、最善を考えた倫理行動が取れる看護師 ③自己のキャリアデザインが描ける看護師 ④医療チームの一員として良好な人間関係を築くことができる看護師 が育成されると考えている。これらを満たす看護師を養成することを目指し、まごころのこもった質の高い看護を提供していきたい。

新採用者教育
看護科現任教育計画の画像
新採用者研修スケジュール
新採用者研修スケジュールの画像
レベルI-1の到達目標は・・・
  1. 看護職としての自覚を持ち、責任ある行動ができる。
  2. 基本的な看護技術を修得し、安全な看護サービスが提供できる。
  3. チームメンバーとしての役割が理解できる。
  4. 看護に必要な知識について、自主的に学習できる。
  5. 部署の特殊性と業務内容を理解できる。
  6. 看護職としての接遇を身につける。

診療のご案内

JA吉田健康管理センター 老人保健施設のぞみ 高田地区休日夜間診療所 看護部門 診療支援部門 地域医療連携求人情報のご案内JA広島厚生連 看護科
日本医療機能評価機構